コミトレ31ありがとうございました。

お疲れ様です。TM@mkIIです。
本日(2018/1/21)のコミトレ31でも皆様ありがとうございました。

今回はサークル10周年記念本という意味も含めた新刊と、既刊本をたくさんの方に手に取って見て頂き、その中でお褒めの言葉を頂いたり応援頂いたりと有難い時間を過ごさせていただきました。

iPhoneケース・スマートフォンデザインプレートにつきましても同様にたくさんの方に見て頂き、製作時の話を聞いていただいたことも大変感謝しております。一部モデルに関しては再販なしであったり当日中の完売などで頒布することができなかったことについてお詫び申し上げます。
また、〇〇のキャラクターで欲しいなどのリクエストも多々頂きました。次回で、とお約束することはできませんが、前向きに検討させていただきます。

イベント会場にて(Webサイトの過去投稿でも)お伝えした通り、Studio Realismは今回のイベントにてサークル10周年を迎えました。この10年間で様々なことが変化していきましたが、この長い期間を同人作家として過ごすことができた背景には、皆様に作品を見て頂き、評価して頂いたことでモチベーションが維持できたという大きな理由があるためだと感じています。
これからの10年間、同じように同人作家として過ごしていけるかはまだわかりませんが、また10年後に同じようにご報告できるよう頑張っていきたいと思います。

加えて、今回もTwitterでリツイート・いいねをしていただいた方、口頭で応援してくださった方、(サークル内部ではありますが)ブース内でご協力いただいた方々、沢山の方にご協力いただきました。一部の方にしか直接お伝えすることが出来なかったため、この場を用いてお礼申し上げます。ありがとうございました。

これからも不定期ですがWeb&Twitterをできる限り更新していきたいと思います。(前回もそう書いてたね…)
また見て頂けたら幸いです。

それでは、ありがとうございました。(終わりじゃないよ?という意味で)またよろしくお願いいたします。

ct31_thanks

次回参加イベントについて(コミトレ31)(1)

*** Sorry, this post is written by only Japanese. I will describe a summary information post for joining a fan-book event(Comic Treasure 31) in Japan in the near future. ***

お疲れ様です。TM@mkIIです。

今回は次回参加のコミトレ31での頒布物について簡単にご案内いたします。

参加概要

Studio Realism(TM@mkII)は、2018/1/21(日)にインテックス大阪にて開催される、こみっく☆トレジャー31に参加いたします。ブースは4号館 ク-06abです。

頒布物概要

以下の頒布物を予定しています。

ct31_productlist_web

新刊同人誌(「みっくみくにされてやんよ って言えたなら」)について

今回の新刊として、サークル10周年を記念して第一冊目の同人誌「みっくみくに されてやんよ!!」を原作にフルリメイクを行った新作「みっくみくにされてやんよ って言えたなら」を頒布いたします。
(リメイク作業の途中過程が前回のコミトレ30にて頒布した「Project: MILKYWAY Codename: Sagittarius Preview Release 1」(Sagittarius PR1)です)

漫画+小説+イラスト+コラムを含んだ68ページ本で、頒布予定価格は800円を予定しています。

+ Sagittarius PR1セットパック

新刊とSagittarius PR1とをセットで持っていただける方には、頒布価格800円から100円割引の700円にて頒布いたします。以下のどれかの条件を満たしている方が対象となります。

  • コミトレ31にて「みっくみくにされてやんよ って言えたなら」と「Project MILKYWAY Codename: Sagittarius Preview Release 1」の両方を同時に購入していただいた方
  • 前回コミトレ30にて「Project MILKYWAY Codename: Sagittarius Preview Release 1」を購入して頂いた方で、当日ブースにてそれを証明していただける方
    (実物をお持ちになるか、家にある本をスマホなどで撮った写真を見せてください。大変申し訳ありませんが「この顔覚えていませんか?」などの記憶に頼る形での対応はご容赦ください)

是非とも当日ブースにお越しください。
よろしくお願いいたします。

10周年記念コラム(兼ごあんない) #3「Studio Realism VOCALOID WORLD LINE Series」

お疲れ様です。TM@mkIIです。第三回コラムはコミトレ31新刊「みっくみくにされてやんよ って言えたなら」に絡めてStudio Realismで刊行しているボーカロイド本のシリーズについてご説明。
と言いながら、実は今までシリーズものという形にはなっていなかったのでここが初めてのご案内ですが(汗) 続きを読む

10周年記念コラム #2「10年前と今との機材やソフトウェアのおはなし」

お疲れ様です。TM@mkIIです。記念コラム二回目は10年前と今とでの、機材とかソフトウェアとかの変化のお話でもしようかなぁという気分。せっかくなので。

気づけばこの10年で機材も結構充実してきました。ということで一冊目を創ったときを思い出しながら、最近と比較してみようかと思います。だらだらいくよー。

続きを読む

10周年記念コラム #1「ロゴ変わりました」

お疲れ様です。TM@mkIIです。

10周年記念ということで、サークルに関してとか原稿の創り方に関してとかちょっと書いてみようかと思います。ということで今回は今までのロゴの推移と新ロゴ紹介について。

history_of_logo_design_2008_2018

同人誌一冊目として刊行した「みっくみくに されてやんよ!!」が初めてロゴらしきものが用意されたときでした。確かそれを創ってる時点ではサークルロゴがまだ存在しておらず、必要だよねー、という感じになって暫定的にロゴっぽいものを配置したのが最初のロゴとなったような気がします。
(初代ロゴ。2008年1月~2009年1月)

その後、二冊目「みくさん家へ ようこそ!!」の際に、きちんとロゴ作るかー、となって、ちょっとぐにょぐにょ練った結果、その後に続くロゴのベースデザインとなるものが作成されました。
(二代目ロゴ。2009年1月~2012年9月)

次の変化は2012年、「魔理沙が何かの本を拾ったようです。」(東方本)の際でした。原稿を創るとき、以前に創ったロゴデータが見つからなくなったので(汗)、「みくさん家へ~」で配置したものを見ながら新たに作り直しました。これがそれ以降約6年間という結構長い間使われるロゴとして扱われるようになりました。
(三代目ロゴ。2012年9月~2018年1月)

そして今、2018年。10周年を記念してロゴも変えるかー、と思ってデザインをごにょごにょいじって一新しようとしたのですが、結果元のロゴが結構気に入ってるんだなー、というところに帰ってきて、
結果、基本的なデザインはそれまでのものを踏襲する形で作成されました。(四代目ロゴ。2018年1月~)

newlogo_4th
今後デザイン調整は行うかもしれませんが、結構気に入ってるので長い間使っていけたらいいなぁと思ってます。ということでロゴの推移と新ロゴ紹介でした。

コミトレ31新刊(「みっくみくにされてやんよ って言えたなら」)のご案内 (with Eng)

*** I tried to describe by English with my dumb skill. Please check below if you would like to read. ***

お疲れ様です。TM@mkIIです。
次のイベント(コミトレ31)まであと二週間となってしまいました。時間が経つのは早いものですね。結構ぎりぎりになってしまいましたが無事原稿が完成しました。よかったー。
ということで新刊のご案内です。(一番下に本文サンプルもあります)

概要

2018/01/21(日)にインテックス大阪で開催される こみっく★トレジャー31 にてStudio Realism(ク-06ab)では、今回の新刊としてVOCALOID漫画本を頒布いたします。表紙カラー68pコピー本で頒布予定価格は800円を検討しています。

本について

新刊は「みっくみくにされてやんよ って言えたなら」です。今回はStudio Realismサークル活動10周年記念も兼ねた大容量版となっており、漫画+小説+イラスト+コラムの計68ページ本です。

内容

10年前に刊行した最初の同人誌、「みっくみくに されてやんよ!!」のリメイク作品です。
Studio Realism VOCALOID WORLD Line Series(SVWL Series)として、ボーカロイドが身体を持った近未来の物語です。前回のこみトレ30にて頒布した「Project: MILKYWAY Codename: Sagittarius Preview Release 1」の完成版となっています。(前回、前々回に続いて、同じ世界観でのミク達の話となっています)

これは、すこし未来のお話。

ボーカロイドはロボットみたいに身体を持って、
自我を持つようになった世界。
今と同じように、マスターが創った歌を歌ってくれる、
ボーカロイドという存在が当たり前になっている世界。

そんな、すこし未来の、
マスターに捨てられたミクと拾った男のお話。

本文サンプル(漫画+イラストの一部)

srb-20_sample_p00 srb-20_sample_p01 srb-20_sample_p02 srb-20_sample_p03 srb-20_sample_p04 srb-20_sample_p05 srb-20_sample_p06 srb-20_sample_p07

よろしくお願いいたします。

[English]

Hi, everyone. Happy new year 2017! I’m drawing a greeting picture but it isn’t finished yet…
BTW, today is a announcement for new fan-art book(doujinshi) for VOCALOID.

At Jan 21 2018, I will join a event of fan-art book. This is Comic Treasure 31 on INTEX OSAKA in Osaka, Japan. I will distribute a new fan-art book. “Mikku miku ni sarete yanyo tte ietanara”. (It means, “If I can say to loving you, MIKU.”)
It has much volume that past. 68 pages with color title page are contained and the planned price is 800 yen.
Samples are above. If you would like to see with English sub, please tell me because I will try to make it if I have a time. (But sorry for no commitment…)

Please send a mail to me or send a text to my Twitter if you have a question for my book or exhibition. 🙂
And if you haven’t seen the announcement for joining this event, please see that.
Thanks,